インフォメーション

INFORMATION

カーラッピング 広告としての魅力

フリートマーキングの世界

カーラッピングとは?

〇特徴:デザインされたフィルムで車体を包むイメージ。
比較的大きな絵柄や全体を装飾し、インパクトを与える効果が高い。
〇用途:記念行事やPR、趣味など目的に応じて写真や文字、絵柄など。
〇例:「ラッピング電車」「ラッピングバス」等。

フリートとは?
〇特徴:街中で通行人が目にする機会を増やす視覚的ブランディング方法。
〇用途:企業に親近感を抱いたり、強いメッセージ性をPR訴求。
〇例:「大手運送会社」などが採用している 車体の大きさが変わっても
統一したロゴやコーポレートカラーを使用等。

マーキングとは?
〇特徴:部分的に装飾することが多いため、車体の色や形を活かすことが多い。
〇用途:ワンポイントの絵柄や文字だけ入れたい方。
〇例:営業車に社名やロゴマーク、自社キャラクターを入れたり、
送迎バスの側面の学校名を入れる等。

これらを合わせて
3Mブランドでは「フリートマーキング」という造語がつくられました。

PR(広告)ツールとしてのカーラッピング

コロナ禍を経て生活スタイルの変化に伴い、広告のあり方も変化してきました。そこでPR戦略に有効的なツールが、自動車やキッチンカーやバイクなどです。車体に付けた広告は、走行中も停車中も広告訴求を続ける大変有用的なPRツールです。

実際検証した結果、以下のような驚きの数値がでました。

WEB広告や、動画広告、テレビCMはクリックをしないと続きが解らなかったり、CMタイムにならないと掲出されませんが、止まっていても走行していても、エリアが変わっても訴求を続けるため、大変お得な媒体(メディア)になります。

カーラッピングに関するお問い合わせ